千葉 審美歯科 平沼歯科医院 > 無痛病巣無菌化療法

無痛病巣無菌化療法

無痛病巣無菌化療法

無痛病巣無菌化療法(オゾン療法)

歯に優しい治療とは何ですか?

健全な歯質の削除を最小限(ミニマム)にとどめる、新しい考え方のむし歯治療
当医院では無痛病巣無菌化療法(オゾン療法)による治療をお勧めいたします。


無痛病巣無菌化療法
歯質及び歯髄をできるだけ保存するために、必要最小限(ミニマム)しか歯を削らず、オゾンにより無菌化した上で修復を行う治療法です。

新しいむし歯治療へのパラダイムシフト
歯科における長い歴史の中で、むし歯の治療は「悪いところ(むし歯)をひたすら除去して人工物で補う」という外科的手法にて、病巣(細菌の塊)を体外に除去(これも一種の無菌化?)してきた歴史がありました。それがむし歯治療の一般的なイメージではないでしょうか。 近年、むし歯に感染した軟化象牙質も無菌化できれば、再石灰化が起こると考えられています。その為、むし歯・歯周炎も細菌の感染による病気(感染症)であるならば、無菌化する事により病気を治すことが可能と考えられます。これが、無痛病巣無菌化療法(オゾン療法)の基本的な考え方です。

歯を削らないことは、単に削られる痛みがないだけでなく、歯質及び歯髄を保護するために大切なことです。むし歯の部分をドリルで削除する外科的手法ではなく、内科的手法にてむし歯を治す新しい考え方の治療法です。

今なぜ、内科的治療法が注目されているのか?
むし歯の部分をドリルで根こそぎ削り取ること(これも無菌化?)によって、歯冠の機械的強さを減じてしまったり、また露髄の危険性も発生します。このようになってしまうと、むし歯を治す以上の大きなデメリットが発生してしまいます。このため必要最小限しか歯を削らない、ということは歯の保存を考える上で、大変重要であると考えています。ですから、むし歯を内科的に治すことは大変価値のあることだとおもいます。

Minimal Intervention
最小侵襲治療法

無痛病巣無菌化療法使用により、歯を削る量が最小限(ミニマム)になります。

修了証書
※当医院は、正式な講習を修了し上の修了証を授けております。