歯周内科治療

歯周内科治療

新しい歯周病治療へのパラダイムシフト


新しい考え方の歯周病治療   〜歯周内科治療〜
歯周内科治療とは、歯周病をクスリを使用して内科的に治療していく、新しい考え方の治療法です。これは、位相差顕微鏡で菌の確認を行い、除菌に必要な薬剤を服用することにより、内科的に歯周病を改善させようとするものです。

この新しい考え方の歯周病治療を、歯周病でお悩みの方は是非一度体験してみてください!きっとその効果に驚かされると思います。

歯周病はクスリで治る!!
「歯周病がクスリで治る」という話をすると、バカな事を言うなと思われるかもしれません。実は私自身も、歯周内科治療を導入する前は、「そんなことで簡単に歯周病が治るものか」と思っていました。歯周病治療と言えば、はみがき指導と歯石の除去、外科手術‥といった外科的手法がメインに行われています。しかし、歯周病は感染症(細菌の感染によって起こる病気)であるので、原因菌を特定できれば、その菌を除菌することで歯周病そのものを治すことができるのです。
あまりに単純な理由、簡単な方法そして苦痛が少なく治ってしまうのです!

歯周内科の治療方法
歯周病の原因菌は、主に嫌気性菌と真菌(カビの一種)の混合感染といわれています。
(歯周内科治療の4つのポイント)

1: 位相差顕微鏡での菌の確認
2: 細菌の除菌薬剤の服用
3: カビ取りはみがき剤での歯磨き
4: 除菌後の歯石取り及びPMTC

特に1は非常に大きなポイントです。まず、位相差顕微鏡でお口の中の細菌を確認します。嫌気性菌(歯周病菌)がいるのか、真菌(カビ菌)が多いのか、あるいは非常にきれいなのか、それらを位相差顕微鏡で確認します。それにより、クスリの選択及び治療法が決まります。(詳しくは院内パンフレットにて)