MI治療

MI治療について

歯はなるべく削らない、抜かないはあたりまえ。
真剣に考えていますか?
真剣に考えてもらっていますか?
あなたの歯について。

オゾン治療

KaVo HealOzone

健全な歯質の削除を最小限(ミニマム)にとどめる、新しい考え方のむし歯治療
あなたも、”削らない””痛くない”そしてなによりも”歯に優しい”新時代の治療を体験してみませんか?

当医院では歯科医療先進国ドイツの先端機器を導入により、実現できました!

無痛病巣無菌化療法

無痛病巣無菌化療法(オゾン療法)

歯に優しい治療とは何ですか?

健全な歯質の削除を最小限(ミニマム)にとどめる、新しい考え方のむし歯治療
当医院では無痛病巣無菌化療法(オゾン療法)による治療をお勧めいたします。

無痛病巣無菌化療法

歯質及び歯髄をできるだけ保存するために、必要最小限(ミニマム)しか歯を削らず、オゾンにより無菌化した上で修復を行う治療法です。

新しいむし歯治療へのパラダイムシフト

歯科における長い歴史の中で、むし歯の治療は「悪いところ(むし歯)をひたすら除去して人工物で補う」という外科的手法にて、病巣(細菌の塊)を体外に除去(これも一種の無菌化?)してきた歴史がありました。それがむし歯治療の一般的なイメージではないでしょうか。 近年、むし歯に感染した軟化象牙質も無菌化できれば、再石灰化が起こると考えられています。その為、むし歯・歯周炎も細菌の感染による病気(感染症)であるならば、無菌化する事により病気を治すことが可能と考えられます。これが、無痛病巣無菌化療法(オゾン療法)の基本的な考え方です。

歯を削らないことは、単に削られる痛みがないだけでなく、歯質及び歯髄を保護するために大切なことです。むし歯の部分をドリルで削除する外科的手法ではなく、内科的手法にてむし歯を治す新しい考え方の治療法です。

今なぜ、内科的治療法が注目されているのか?

むし歯の部分をドリルで根こそぎ削り取ること(これも無菌化?)によって、歯冠の機械的強さを減じてしまったり、また露髄の危険性も発生します。このようになってしまうと、むし歯を治す以上の大きなデメリットが発生してしまいます。このため必要最小限しか歯を削らない、ということは歯の保存を考える上で、大変重要であると考えています。ですから、むし歯を内科的に治すことは大変価値のあることだとおもいます。

レーザー治療

OSADA LIGHTSURGE 3000 (高出力半導体レーザー)

当医院では、レーザー導入により、さらに質の高い治療を目指しています

半導体レーザーは、低出力のソフトレーザーとして広く一般的に受け入れられてきたと思いますが、本装置はその半導体レーザーの高出力化を実現したものです。その為、高出力によるハードレーザーと、低出力のソフトレーザーの使い分けが可能になっています。

レーザーを用いた治療法としては、歯肉ホワイトニング(レーザーホワイトニング)として、メラニン色素除去や、ジアグノグリーンをウ窩(むし歯の穴)に塗布して、レーザーにより蒸散を図る、無痛むし歯治療(ドリルを使用しないむし歯治療)をはじめ、

歯肉切除や根先病巣への照射、歯周ポケットへの照射、知覚過敏の処置…等々、日常の歯科治療においてなくてはならないものとなっております。

レーザーは決して安価な医療機器ではないため(医療法人や都内の自費専門医院では所有が当たり前の時代ですが)、個人経営の歯科医院では導入するのに覚悟(?)が必要と思われますが、当医院では、より良い治療を実現するためには、レーザー装置は必要不可欠であると考えております。

カリソルブ

Carisolv  (歯を削らないむし歯の治療薬液)

①カリソルブを塗布
②30秒固待つ
③刃がついていない手用器具で柔らかくなった象牙質の虫歯を除去
④虫歯が除去できたことを確認
⑤詰めものをして治療終了

①②③を繰り返す

カリソルブはスウェーデンのMediTeam社から発売されている、歯に塗るとむし歯のところだけを除去することができるという薬液です。(健康な歯質には作用しません)カリソルブは、粘度の高いアミノ酸を含んだ液体と、濃度の低い次亜塩素酸ナトリウムとの2種類の薬液を混ぜることで、虫歯の部分のみを柔らかく浮き上がらせて、これを耳かきのような専用の器具でかきだすだけで治療ができる、歯を削らないむし歯の治療薬液です。(薬剤塗布による痛みはありません)

高周波治療機器

diagnodentCosmo iCure(コスモペリオエンドシステム)

痛くない!全く新しい歯科治療。
高周波治療を体験してみませんか!

コスモアイキュアは電気的に高周波電流発生装置と超音波振動発生装置の2つの装置からなっております。高周波電流発生装置は、電気の波形を変えることによって、抜髄処置、感染根管処置における滅菌、歯周ポケット内の消毒・滅菌を行うことができます。
また、超音波振動発生装置は、超音波スケーラー、超音波拡大、ポケット洗浄機として利用できます。 コスモアイキュアを用いることにより、抜髄から根管長測定・拡大洗浄・滅菌を(従来は長時間に渡って、口を開けていなければならなかったが)効率よく確実に、短時間で終了できるようになりました。

さらに、当医院ではオゾン治療、レーザー治療を組み合わせることによって、今までにない新しい治療法を提供できると思います。

エアーアブレーション

KaVo RONDOflex 2013.Air Abrasion System.

いやな音がしない、痛くない、振動を感じない…そんなインスツルメントの登場です。

現在ヨーロッパを中心に広まりつつある、健全な歯質をできるだけ保存しよう、という考えに基づくもので、強力なパウダーが、う蝕に罹患した部位のみを的確に処置します。 従来のエアータービン(ドリル)による、予防拡大形成による弊害を抑制した、新しい臼歯部の予防的修復法として確立されつつあるものです。

Minimal Intervention(最小侵襲治療法)

エアーアブレーション使用により、歯を削る量が最小限(ミニマム)になります。

グラディアダイレクト

天然歯の様に自然感あふれる美しい歯を、チェアーサイドで即日完成!

グラディア(光重合型超硬質レジン)は、ジーシー独自のMFRハイブリッドタイプのフィラー表面活性技術によって、高い粘靭性と強度を実現。

同時にフィラーの屈折率・粒径の最適化により、レジン特有のオパール効果を低減して、天然歯に近い色調を再現しました。この優れた技術を応用して開発された、充填用コンポジットレジンが“グラディアダイレクト”です。
一般的な充填用コンポジットレジンでは、大きな窩洞や周囲に十分な窩壁がない場合には、色調の再現が大変難しくなります。そのような場合でも、グラディアダイレクトなら複数のシェードを積層・築盛することによって、天然歯のような色調・透明性を再現することが可能です。

当医院では、グラディアダイレクト全27色全ての色を準備して、クリスタルアイで精密にシェードテイキング(歯の色合わせ)をしたデータを元に、オペーカスデンティン→デンティン→エナメル→トランスルーセントといった透明性の異なるペーストを積層・築盛することで、天然歯の様に自然感あふれる美しい歯を、チェアーサイドでダイレクトに再現していきます。

口腔内カメラ

WAVEPICT relia

130万画素CMOSセンサーを搭載した高画質・鮮明な口腔内カメラ! ウェーブピクト リリア導入により、自分の歯は自分の目では見られない、という悩みを改善できました!
患者様ご自身の目で、当医院の治療結果をしっかりと確認していただくことができます!

当医院では、初診時に口腔内審査を行い、むし歯の箇所を口腔内カメラで撮影し、患者様ご自身にも見ていただき、その映像をプリントしてお渡ししております。
また、治療前・治療後の状態も映像でしっかりと見て確認できますので、安心です。

また、お一人、お一人の患者様に合わせて、治療計画の内容をわかり易く説明したプリントがありますので、初診時にファイルしてお渡ししております。
これにより、”歯医者に通っても、毎回何をされているのかわからない”ということはなくなりました。

ご自分の目で見て納得できる、当医院の治療を是非、体験してみませんか?

フジナイン

Fuji IX GP(高強度充填用グラスアイオノマーセメント)

健全な歯質の削除を最小限にとどめる、新しい考え方の修復材料

WHO(世界保健機構)とGCが共同開発した、”フジⅨGP”を用いたART(Atraumatic Restrorative Treatment)テ クニックは、開発途上国における初期う蝕治療に多大な貢献をもたらしてきました。この治療法は、健全な歯質の削除を最小限にとどめる、新しい考え方の修復 治療&材料であり、現在ヨーロッパを中心として広まっています。
従来のエアータービン(ドリル)による、予防拡大形成による弊害を抑制した、新しい臼歯部の予防的修復法として確立されつつあるものです。

Minimal Intervention(最小侵襲治療法)

歯を削る量が最小限(ミニマム)になります。