ブログ

知覚過敏について

ブログ

知覚過敏とは?

むし歯や歯の神経の炎症等の病気がないのに、歯がしみる、歯が痛いという場合、知覚過敏の疑いがあります。冷たい物を食べたり、飲んだり、歯ブラシの毛先が触れたり、風に当たった時等に歯に痛みやしみる感じがでるもので、一過性の痛みがほとんどです。

 

知覚過敏の原因は?

歯の最も表層部分のエナメル質は痛みを感じることはありませんが、このエナメル質が何らかの要因により削れてしまうことが知覚過敏の始まりと考えられます。エナメル質の内層の象牙質が露出するとさまざまな刺激が神経に伝達されやすくなり、痛い、しみる、と感じるようになります。

 

どのようなことでエナメル質が削れてしまうのでしょうか?

歯ブラシをする力が強すぎる:綺麗に歯磨きをしたいと思う方に意外と多いのですが、強い力でゴシゴシと横磨きで歯ブラシをすることが原因となっている場合もあります。

歯磨き粉:歯磨き粉にはクレンザーのように表面の汚れを効率よく落とせるように、歯磨剤(研磨剤)が入っていることがあります。特に、たばこのヤニ取りに効果的!とか、ステインを落としてホワイトニング効果!とかいったものの中には研磨剤が多く配合されているものもあります。

食べ物の酸:普段の食べ物、飲み物の中には酸が入っているものがあり、知らずしらずの内にこういった酸がエナメル質を溶かしている場合もあります。

歯ぎしり:歯ぎしりや、部分的に極端に強い力が加わるような噛み合わせの場合も、エナメル質が傷つき、削れてしまう原因になる事もあります。

歯のホワイトニング:ホワイトニングの薬剤によっては一時的に軽度の知覚過敏が出ることもあります。もしホワイトニング中に知覚過敏の症状がでたら一度ホワイトニングを中断(終了)します。すると痛みは消えますので、その後再度ホワイトニングをすることができます。

また、歯周病が原因で歯肉が下がる、加齢により歯肉が徐々に下がり象牙質が露出する等によっても知覚過敏の症状が出る場合があります。

 

知覚過敏の治療方法

知覚過敏の軽度なものでは時間が経つにつれ自然に消失することもあります。唾液中の再石灰化成分等により象牙質の微細な傷が埋められる為といわれています。

知覚過敏の薬を塗布したり、露出した象牙質を歯と同じような成分のものや、その他の様々な物質でカバーすることにより刺激の伝達が遮断されて、知覚過敏を改善することができます。

当医院ではレーザーや高周波治療を併用した知覚過敏の治療もおこなっております。歯周病や虫歯による痛みなのか、知覚過敏によるものなのか、ご自分ではなかなかわかりずらいこともあります。少しでも心配な事がございましたらお早目にご相談下さい。

 

カテゴリー